So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

エボラ出血熱 国際観光都市 ドバイの危機意識! [エボラ出血熱]

危機管理はとても大事です

エボラ出血熱の情報も、世界の国々では知識と
認識の違いで相当に開きがあるようです。


国際観光都市でもあるドバイのエボラ出血熱に対する
危機意識が、低すぎるような気がするんですが!


中東のアラブ首長国連邦ドバイは、各国から観光客が
押し寄せ、世界でも屈指の観光国ですよね。


年間の観光客が、600万人は下らない観光先進国なんですが!


世界の金持ちが人工島に別荘を持ったり、摩天楼もすごいです。


TVインタビュー

そのドバイのエボラ出血熱に対する知識は、どんなものなのか?
テレビで街の人達にインタビューをしていたので、少し紹介します。


ティーショップの店員の話

「エボラウイルスにかかった人は1人もいないしね」


タクシー運転手の話

「エボラ熱はアフリカのこと! ここにはエボラウイルスはないよ」


コーヒー店の店長の話

「エボラウイルスについては、全く友人も誰も準備はしてない」


観光客の話

「アメリカでも発生したということは、中東にもきっと
来てしまう」

「ドバイは対策がみられないけど、対策すべきだ」


インタビューを見ていて、ドバイの人たちの危機意識の低さには驚いた。


ドバイには、西アフリカの人たちも沢山きていると思うのだけど、
心配ですね。


アラブ首長国連邦は、もっと積極的にエボラ出血熱の情報を国民に
伝えるべきではないでしょうかね!?


ドバイでエボラ出血熱に感染した人が出たら! 考えるだけで
ぞっとしますが、ここへも来るんでしょうねエボラは!!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-28

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 リベリアから日本へエボラウイルス上陸か? [エボラ出血熱]

エボラ出血熱(WHO 10月25日発表)

感染者:1万141人
死 者:4922人


リベリアに約2ヶ月滞在していた日系カナダ人
ジャーナリストが、日本の羽田に到着した祭に
37.8度の発熱があるため、国立医療研究センターに
運ばれた。


検査の結果エボラウイルスは、「陰性」だったということですが!


厚労省は、空港での入国審査の際にリベリアなどの4カ国
に滞在していたかなどの滞在歴を確認している。


西アフリカ4カ国に滞在歴があって、発熱などの症状があれば
指定医療機関に搬送し、検査を行うとしています。


今回の男性ジャーナリストは、発熱があったので自分から
名乗り出ていて、リベリアに滞在していたことも申告して
いたようです。


なので、羽田空港の検疫で見つけた、のではありません。


もっと言うなら、男性ジャーナリストは自ら名乗り出なければ
検疫を通過していたことになる。


2日~21日と言うエボラ出血熱の潜伏期間は、空港などの
検疫を簡単にすり抜けてしまう、という事例だと思います。


たまたま「陰性」で助かったとい言うべきなのです。


とは言えいくら陰性でも、引き続き3日間は病院で経過を
見ると言っているので、一応は安心と言ったところでしょうか!


ちなみに、日系カナダ人ジャーナリストの羽田までの
足取りは、下記のようなものでした。


リベリア滞在
8月~10月18日


飛行機でベルギー経由⇒イギリス経由⇒日本(羽田空港)

羽田空港には、27日の午後3時37分に到着


ニュースを聞いた時、一瞬こんなシナリオが頭をかすめました。


もし、男性ジャーナリストが陽性で、発熱していたら!
立ち寄ったベルギーやイギリスの空港の喫茶店などでコーヒーを
飲み、偶然にくしゃみをし、テーブルに体液が付着していたら?
店員や、次の客がその体液に触れてしまったら !?


あなたは馬鹿げた妄想だと思いますか?


エボラ出血熱は、飛沫感染はしないと言うのが定説ですが
突然変異で、空気感染を始めたらなんて思った事は無いですか?


正しい知識があれば、闇雲に怖がる事はありません。と
報道されています。


ですが、エボラ出血熱に関する知識は、WHOや国境なき医師団
の情報を頼りにしている状況です。


テレビ番組でも、エボラ出血熱のニュースを取り上げていますが
国連や、世界保健機関(WHO)や国境なき医師団の情報ばかり
日本独自の情報はあまり聞きません。


日本も医療先進国として、積極的に関わり現場の生の声を
情報発信するべきではと思うのですが!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-25




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 終息宣言と大都市拡大への懸念!! [エボラ出血熱]

セネガルとナイジェリアが終息宣言をしましたが
米国のニューヨー州やニュージャージー州の大都市
でのエボラ拡大が懸念されます。


西アフリカから16日に帰国していた
NY クレイグ・スペンサー医師が23日
エボラ出血熱に感染し発症しました。


WHOがナイジェリアとセネガルが「終息宣言」を
したのが20日でした。


その後だけに、複雑な思いはあります。


そんな中、ギニアの隣のマリで新たに感染者
確認されています。



エボラ出血熱25日現在の被害

死 者 数:4922人
感染者数:10141人


国別

リベリア
死者数2705人
感染者数:4665人


シエラレオネ
死者数:1281人
感染者数:3896人


ギニア
死者数:926人
感染者数:1553人


マリ
感染者数:1人


アメリカ
死者数:1人
感染者数:4人


スペイン
感染者数:1人


ナイジェリア終息宣言
死者数:8人
感染者数:20人


セネガル終息宣言
感染者数:1人


アメリカでのニューヨー州とニュージャージー州は
海外でエボラ患者と接触した全ての医療関係者を
21日間にわたり隔離することを決定しています。


日本では、塩崎厚労相が


全ての入国者について、エボラ流行国の4カ国に関しての
滞在歴を確認するよう入国管理局に要請したようです。


感染が確認された場合の対策についても発表されました。
国内で感染が確認された場合は「アビガン錠」などの
未承認薬の使用を、患者の同意のうえで認める方針です。



西アフリカでは、今も感染者と死亡者が増え続けています。
病床数の不足、防護服や手袋やマスクも不足しています。



死亡率が70%とも言われているエボラ出血熱!
終息させるには、国際的な援助が必要なのは、明らかです。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-25

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24





































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 NYで23日 男性医師がエボラ発症!! [エボラ出血熱]

NYでも、とうとうエボラ患者がでた。
23日に西アフリカから帰国していた男性医師が
エボラ出血熱を発症した事が、明らかになった。

エボラ出血熱による被害

感染者:9936人
死亡者:4877人


医療従事者の感染者と死亡者

感染者:443人
死亡者:244人


西アフリカで医療活動をしていた医師
「クレイグ・スペンサー」さんが帰国後
エボラ出血熱検査で「陽性」だった事が
明らかになった。


クレイグ・スペンサーさんは、国境なき医師団として
ギニアでエボラ出血熱の治療にあたっていた。


クレイグ・スペンサーさんは、帰国後陽性のま
地下鉄に乗り自宅近くの公園をジョギングするなど、
帰国してから発症するまでの1週間は、普段通りの
生活をしていた。


NY州知事」は、「エボラという言葉の響きだけで
恐れられるが空気感染はしない」と言うような
会見をしていました。


つまり2次感染はそんなに恐れることはないと
言いたげな会見だった。


しかし、NY市民はそうは思っていないようで
とてもがっかりだ この国は先進国でもっと
しっかりしていると期待していた」とか


スペンサー医師の自宅周辺に住む住人は「何を
触るにも怖い」と2次感染を恐れている。


しかしながら、西アフリカのエボラ出血熱の状況は
先進国の大都会で暮らす人達が想像もできないほど
悲惨なことは、紛れも無い事実です。


その悲惨な人たちを、命をかけて救おうとしている
国境なき医師団や、ボランティアの人たちがいる事を
忘れてはいけません。


彼らは今戦場にいます。目に見えないエボラウイルスと
戦い、西アフリカの感染者を一人でも多く救うために
命を投げ出して戦っている彼らに感謝すべきです。


医療従事者がエボラウイルスに感染して、死亡している
数は、244人に上ります。


誰よりも早く感染するのはやはり、医療従事者です。
彼らは専門家なので、そのことは常識として認識済み
だと思います。


まだ対岸の火事だと思っている先進国があるとしたら
悲しいです。エボラ出血熱を終息させるには、もっと
もっと、支援が必要だと言われています。


現地では病床数が足りず、まだ2000近く必要だと
言っていました。


患者を収容できていないんですね。


感染した人たちが入院できるのを、待っています。
世界の先進国と言われている国々は、もっとエボラに
西アフリカの人たちに、関心を寄せるべきです。


そうでないと、エボラ患者を救うために死んでいった
244人の医療従事者が、救われないとと思います。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22












































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 日本上陸 エボラ出血熱を終息できるか!? [エボラ出血熱]

今や日本に、空港から入国する世界の人は
1日平均7万7千人に達している。


塩崎厚労相は「国内にエボラウイルスが入り込む
事を防止するため、出来る限りの対策を講じる
と言っています。


ただ具体的には、「できる限りの対策」が我々国民には
伝わってこないので、良くわからないですよね。


幸いなのは、情報はパソコンを開けば「世界保健機関(WHO)」や
「国境のない医師団」から、そこそこ正確な情報は拾えます。


またニュースや新聞からでも、エボラ出血熱に対する
予防」・「症状」・「治療法」etc.. の情報は得ることが出来る。


日本にエボラ出血熱が、上陸するのは時間の問題だと言われて
いますが、その場合の対処の仕方は、個人で考えて
行動しなければいけないかも知れませんね。


検疫を強化しても、必ずと言っていいほどエボラウイルスは
上陸してくるでしょう。


やはり、2日~21日と言う長い潜伏期間が、災いになりそうです。
検疫をすり抜けて国内で発症するというシリオは、容易に
想像がつきます。


今にわかに、富士フィルムの子会社が開発して話題を呼んでいます。
アビガン」が未承認薬ながら、有効だと世界でも言われ始めました。


日本でも24日に専門家会議を開き、エボラ出血熱が発症した場合の
アビガンの対応策を検討している最中のようです。


日本に2万人分ある「アビガン」の取り扱いをどうするか
議論していると言うことのようです。


エボラ出血熱が万が一国内で発生しても、関係者が一丸になっ
て対応すれば、必ず封じ込めることができる」と冷静な対応を求めた。


と言うのは、塩崎厚労相のお言葉のようですが、是非そうあって
欲しいと願うものです。


オバマ大統領が言ったようにが「米国の医療体制を徹底すれば
エボラ出血熱は押さえ込める」の言葉を教訓として欲しいですね。


現在の医療体制を過信しないように、人間はウイルスとの戦いに
勝利したわけではありませんので。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21-1

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 WHOエボラ終息宣言の本音!!! [エボラ出血熱]

果たしてこれがWHO(世界保健機関)の本音なのか?


┏┓ WHO終息エボラ宣言
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

今月17日にWHOは、セネガルとナイジェリアに
エボラ出血熱の終息を宣言した。


その理由として


42日間エボラウイルスによる新たな感染が
確認されなかった。


つまり、エボラ出血熱の潜伏期間の2日~21日の
最長期間21日間の倍、42日がたっても感染者が
出なかったということなんですが?


素直に良かったと、喜べないんですね!
セネガルの隣は、ギニアですよね。


ギニアは、感染者が1519人、死者が862人、これを
思えばなんだか、本当に大丈夫?と思います。



┏┓WHO(世界保健機関)は
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

これから、感染者数が2ヶ月以内に「週1万人ペースで増加」
すると行っています。


17日現在の感染者数と死亡者数は


感染者:9216人
死亡者:4555人


このタイミングでナイジェリアとセネガルに、
終息宣言」はちょっと腑に落ちない気がします。



┏┓ちなみに
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

BSL(バイオセーフティレベル)では
ウイルスの危険度によって4段階に分類しています。


BSL-4
エボラ出血熱・天然痘など

BSL-3
結核・鳥インフルエンザ・SARSなど

BSL-2
インフルエンザ・はしか・ノロ・コレラ・デング熱など

BSL-1
ワクチンなど人間に無害な病原体


biosafety細菌・ウイルスなどの病原体を
生物学的な危険度で分類した指標


エボラ出血熱は、BSL-4 一番危険度が高いということです。


アメリカや日本、スペインなどの国が必死で特効薬を開発して
いる途中です。


エボラ出血熱の感染して、治癒した人の血液を輸血して
回復したとか、日本の抗インフルエンザ治療薬がエボラに
効くとか、アメリカの薬品会社の特効薬が聞いたとか、いろいろ
言われていますが、どれも未承認薬で臨床実験が済んでいる
わけではありません。


セネガルとナイジェリアエボラウイルスは、そんなに簡単に
終息したのでしょうか・・・・・?


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21-1

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本人のエボラに対する知識と意識!エボラ出血熱 [エボラ出血熱]

終息宣言

ナイジェリアとセネガルが、エボラ出血熱の
終息を宣言をした。


これは、世界的にエボラ出血熱が終息に向かって
いると言うことではない。


今でもエボラ出血熱は、感染を拡大している。


もう日本に上陸しているのかもしれないのだ。
エボラ出血熱に対する私達日本人は、正確な知識と
それに対する覚悟と意識が大事なのだ。


WHOの発表

患者数と死者数

患者数:9216人
死者数:4555人


エボラ出血熱対策チーフ バンベリー代表の話

今エボラ出血熱を抑えこまなければ
我々は前例のない事態に直面する。


WHO エイルワード事務局長補の話

12月に1週間に5000~1万人の
新たな患者が出る可能性がある。


日本の街の声

・何か起きてから騒いでは
遅いんじゃないかなという気がします。

・日本に入ってくるのも時間の問題だと思うので
そのときにどういう病院に・・・・・

よく分からないと怖い
知識がほしいですよね。


・妊娠している時に感染したらどうしたら
どうしょう?


これは、10月21日に東京の街角で聞いた
一般の人の声です。


自分の危険は自分が守る

皆さん一様にエボラ出血熱に関する知識がありません。
エボラ出血熱の感染経路や、感染した時は
どうしたらいいかなどを、しっかりと確認しなくては
いけないのです。


・またどんな時に、感染するのか?

・感染を防ぐにはどうするか?

・感染したらどんな症状なのか?

・どこの病院に行ったらいいのか?


色々と自分でできる事を、知っておかなくてはいけません。


西アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱は、日本に
上陸すると思って間違いはないと思います。


恐れず慌てず、確かな情報と知ることを知り、冷静の行動
するのが一番いいと思います。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19-1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 日本上陸した時の知っておきたい基礎知識! [エボラ出血熱]

原因

エボラ出血熱の宿主は、オオコウモリとされている。

コウモリの種類

ウマヅラコウモリ
フランケオナシケンショウコウモ
コクビワフルーツコウモリ

感染はこれらの食用コウモリからだと言われている。


予防

まず手洗いを石鹸で丁寧にする必要がある。
感染は人を介して広がるので、なるべく人ごみをさけること
もちろん握手や、体に触ることもいけない。

感染者の嘔吐物や排泄物、血液、唾液、汗、涙、精液などから
感染するので、気をつけつ必要がある。


症状

潜伏期間:2日~21日

発病:初熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、腹痛など
悪化すると口腔、鼻腔、皮膚、内蔵など全身から出血し、死に至る。


治療

今のところ、これといった治療方法はない。

ワクチンや血清、未承認薬が感染者に投与されているようだが、
一進一退といったところで、確立された治療法はない状態だ。



最新の情報

10月20日のスペインの新聞では、エボラに感染していた
スペインの女性(テレサ・ロメロさん)が、日本の富士フィルム
のグループ会社がインフルエンザのために開発された医薬品
「ファビピラビル(アビガン)」を投与され、回復に向かって
いると報じている。


感染者と死者

リベリア
感染者:4262人
死亡者:2484人

シエラレオネ
感染者:3410人
死亡者:1200人

ギニア
感染者:1519人
死亡者:862人


*ナイジェリアとセネガルには「終息宣言」が出された。
終息宣言が出ると、少しは落ち着いた感がある。


しかしこれは西アフリカのことで、日本はこれから徹底した
医療体制で望んでほしい。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 9月~10月感染経過と世界の動き! [エボラ出血熱]

人類はエボラウイルスに負けるかもしれない!!!

★━…………★ 感染者と死亡者 ★…………━★

エボラ出血熱の感染者数

感染者数:9216人
死亡者数:4555人

医療従事者の感染数と死亡者数

感染者数:424人
死亡者数:239人



9月に米国に渡航したリベリア人が、10月に発症し
その治療にあっていた女性看護師が、12日に感染した事が
確認された。


その後、16日にも同じリベリア人男性を治療していた
もう一人の看護師、ビンソンさんも感染が確認された。


16日に感染が確認される前、ビンソンさんは微熱がある事を
米国疾病対策センター(CDC)に報告していたが微熱(38℃以下)
であったため、航空機に乗ることを停止されなかった。


ビンソンさんは感染してから、隔離されるまでにテキサス州と
実家のあるオハイオ州を、航空機で往復している。


★━…………★ ふたりの女性看護師の感染原因 ★…………━★


防護服や手袋などを脱ぐ際に、ウイルスに触れた可能性が
指摘されている。


一番心配なのは、国連エボラ緊急対策支援団のハンベリー代表が


我々はこれまでに経験したことのない事態に直面する」と
言っているように、エボラ出血熱は終息するどころか、


エボラは急速に拡大し、私たちはそのスピードに追いつけず
エボラに負けようとしている


これはどう解釈したらいいのだろう!? 


★━…………★ 西アフリカの医療スタッフの声 ★…………━★


またリベリアの治療スタッフは


毎日 患者が発生していて、もし私たちが治療を続けなければ
死んでしまう


★━…………★ シエラレオネでは ★…………━★


エボラウイルスに感染した疑いのある遺体が、2日間放置され、
これに怒った住民が警官と衝突したりと、住民は怒りと恐怖と
不安を抱えて毎日をすごしている。


日本も、徹底した監督と監視を怠ってはいけない。
対岸の火事は、とっくに過ぎている事を肝に銘じてほしい。
エボラはもう、上陸しているかもしれないのだ!!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17

























エボラ出血熱 9月~10月経過と世界の動き!


★━…………★ 感染者と死亡者 ★…………━★

エボラ出血熱の感染者数

感染者数:9216人
死亡者数:4555人

医療従事者の感染数と死亡者数

感染者数:424人
死亡者数:239人



9月に米国に渡航したリベリア人が、10月に発症し
その治療にあっていた女性看護師が、12日に感染した事が
確認された。


その後、16日にも同じリベリア人男性を治療していた
もう一人の看護師、ビンソンさんも感染が確認された。


16日に感染が確認される前、ビンソンさんは微熱がある事を
米国疾病対策センター(CDC)に報告していたが微熱(38℃以下)
であったため、航空機に乗ることを停止されなかった。


ビンソンさんは感染してから、隔離されるまでにテキサス州と
実家のあるオハイオ州を、航空機で往復している。


★━…………★ ふたりの女性看護師の感染原因 ★…………━★


防護服や手袋などを脱ぐ際に、ウイルスに触れた可能性が
指摘されている。


一番心配なのは、国連エボラ緊急対策支援団のハンベリー代表が


「我々はこれまでに経験したことのない事態に直面する」と
言っているように、エボラ出血熱は終息するどころか、


「エボラは急速に拡大し、私たちはそのスピードに追いつけず
エボラに負けようとしている」


これはどう解釈したらいいのだろう!? 


★━…………★ 西アフリカの医療スタッフの声 ★…………━★


またリベリアの治療スタッフは


「毎日 患者が発生していて、もし私たちが治療を続けなければ
死んでしまう」

★━…………★ シエラレオネでは ★…………━★



エボラウイルスに感染した疑いのある遺体が、2日間放置され、
これに怒った住民が警官と衝突したりと、住民は怒りと恐怖と
不安を抱えて毎日をすごしている。


日本も、徹底した監督と監視を怠ってはいけない。
対岸の火事は、とっくに過ぎている事を肝に銘じてほしい。
エボラはもう、上陸しているかもしれないのだ!!


<エボラ出血熱 関連記事>

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17


















































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 セネガル ナイジェリア終息宣言は本当なの!! [エボラ出血熱]

世界保健機構(WHO)の発表による
感染者と死亡者


感染者数:9216人
死者数:4555人


またWHOはセネガルのエボラ出血熱の流行は、終息したと宣言!
ナイジェリアも近く、終息宣言が出される予定だという。

その理由として、目安となる42日間感染者が出ていないことが
上げらている。


国別 感染者数と死者数

リベリア
感染者4262人
死者:2484人

シエラレオネ
感染者:3410人
死者:1200人

ギニア
感染者:1519人
死者:862人

米国
感染者:3人
死者:1人

スペイン
感染者:1人
死者:0人


セネガルやナイジェリアに終息宣言が出されたとしても
気を抜けないのには、違いはない。



ここでエボラ出血熱のおさらいです。


★━…………★ エボラ出血熱はどんな病気? ★…………━★

エボラウイルスに感染して発症し、人から人へ感染します。
感染者の血液や尿、便、吐しゃ物などに触れると感染します。

症状は、発熱、頭痛、下痢、筋肉痛の症状が出ます。
症状が悪化すれば、臓器不全や呼吸不全を起こして死に至ります。


★━…………★ 感染が拡大した理由? ★…………━★

ウイルスの感染力が強まったのではなく、人口密度が高い都市部で
流行したと言う事です。
例えば、東京や大阪と言った大都市で感染者がでた場合は、人口の
少ない都市より、感染拡大が早いと言う事です。


★━…………★欧米で二次感染が出たのはなぜ? ★…………━★

エボラ出血熱の患者の治療にあっていた医療従事者が、十分な訓練を
受けていなったり、防護服を着て治療をしていても、防護服を脱着
する際に汗を拭ったり、無意識のうちに目をこすってしまったりして
感染をしました。



日本にエボラ出血熱が上陸しても、感染の拡大はないと
専門家は言っていますが、今までの状況を見ている側としたら
にわかに、そうですかとは言えませんよね。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-16

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

エボラ出血熱 警戒情報:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

エボラ出血熱 国際観光都市 ドバイの危機意識! [エボラ出血熱]

危機管理はとても大事です

エボラ出血熱の情報も、世界の国々では知識と
認識の違いで相当に開きがあるようです。


国際観光都市でもあるドバイのエボラ出血熱に対する
危機意識が、低すぎるような気がするんですが!


中東のアラブ首長国連邦ドバイは、各国から観光客が
押し寄せ、世界でも屈指の観光国ですよね。


年間の観光客が、600万人は下らない観光先進国なんですが!


世界の金持ちが人工島に別荘を持ったり、摩天楼もすごいです。


TVインタビュー

そのドバイのエボラ出血熱に対する知識は、どんなものなのか?
テレビで街の人達にインタビューをしていたので、少し紹介します。


ティーショップの店員の話

「エボラウイルスにかかった人は1人もいないしね」


タクシー運転手の話

「エボラ熱はアフリカのこと! ここにはエボラウイルスはないよ」


コーヒー店の店長の話

「エボラウイルスについては、全く友人も誰も準備はしてない」


観光客の話

「アメリカでも発生したということは、中東にもきっと
来てしまう」

「ドバイは対策がみられないけど、対策すべきだ」


インタビューを見ていて、ドバイの人たちの危機意識の低さには驚いた。


ドバイには、西アフリカの人たちも沢山きていると思うのだけど、
心配ですね。


アラブ首長国連邦は、もっと積極的にエボラ出血熱の情報を国民に
伝えるべきではないでしょうかね!?


ドバイでエボラ出血熱に感染した人が出たら! 考えるだけで
ぞっとしますが、ここへも来るんでしょうねエボラは!!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-28

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 リベリアから日本へエボラウイルス上陸か? [エボラ出血熱]

エボラ出血熱(WHO 10月25日発表)

感染者:1万141人
死 者:4922人


リベリアに約2ヶ月滞在していた日系カナダ人
ジャーナリストが、日本の羽田に到着した祭に
37.8度の発熱があるため、国立医療研究センターに
運ばれた。


検査の結果エボラウイルスは、「陰性」だったということですが!


厚労省は、空港での入国審査の際にリベリアなどの4カ国
に滞在していたかなどの滞在歴を確認している。


西アフリカ4カ国に滞在歴があって、発熱などの症状があれば
指定医療機関に搬送し、検査を行うとしています。


今回の男性ジャーナリストは、発熱があったので自分から
名乗り出ていて、リベリアに滞在していたことも申告して
いたようです。


なので、羽田空港の検疫で見つけた、のではありません。


もっと言うなら、男性ジャーナリストは自ら名乗り出なければ
検疫を通過していたことになる。


2日~21日と言うエボラ出血熱の潜伏期間は、空港などの
検疫を簡単にすり抜けてしまう、という事例だと思います。


たまたま「陰性」で助かったとい言うべきなのです。


とは言えいくら陰性でも、引き続き3日間は病院で経過を
見ると言っているので、一応は安心と言ったところでしょうか!


ちなみに、日系カナダ人ジャーナリストの羽田までの
足取りは、下記のようなものでした。


リベリア滞在
8月~10月18日


飛行機でベルギー経由⇒イギリス経由⇒日本(羽田空港)

羽田空港には、27日の午後3時37分に到着


ニュースを聞いた時、一瞬こんなシナリオが頭をかすめました。


もし、男性ジャーナリストが陽性で、発熱していたら!
立ち寄ったベルギーやイギリスの空港の喫茶店などでコーヒーを
飲み、偶然にくしゃみをし、テーブルに体液が付着していたら?
店員や、次の客がその体液に触れてしまったら !?


あなたは馬鹿げた妄想だと思いますか?


エボラ出血熱は、飛沫感染はしないと言うのが定説ですが
突然変異で、空気感染を始めたらなんて思った事は無いですか?


正しい知識があれば、闇雲に怖がる事はありません。と
報道されています。


ですが、エボラ出血熱に関する知識は、WHOや国境なき医師団
の情報を頼りにしている状況です。


テレビ番組でも、エボラ出血熱のニュースを取り上げていますが
国連や、世界保健機関(WHO)や国境なき医師団の情報ばかり
日本独自の情報はあまり聞きません。


日本も医療先進国として、積極的に関わり現場の生の声を
情報発信するべきではと思うのですが!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-26

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-25




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 終息宣言と大都市拡大への懸念!! [エボラ出血熱]

セネガルとナイジェリアが終息宣言をしましたが
米国のニューヨー州やニュージャージー州の大都市
でのエボラ拡大が懸念されます。


西アフリカから16日に帰国していた
NY クレイグ・スペンサー医師が23日
エボラ出血熱に感染し発症しました。


WHOがナイジェリアとセネガルが「終息宣言」を
したのが20日でした。


その後だけに、複雑な思いはあります。


そんな中、ギニアの隣のマリで新たに感染者
確認されています。



エボラ出血熱25日現在の被害

死 者 数:4922人
感染者数:10141人


国別

リベリア
死者数2705人
感染者数:4665人


シエラレオネ
死者数:1281人
感染者数:3896人


ギニア
死者数:926人
感染者数:1553人


マリ
感染者数:1人


アメリカ
死者数:1人
感染者数:4人


スペイン
感染者数:1人


ナイジェリア終息宣言
死者数:8人
感染者数:20人


セネガル終息宣言
感染者数:1人


アメリカでのニューヨー州とニュージャージー州は
海外でエボラ患者と接触した全ての医療関係者を
21日間にわたり隔離することを決定しています。


日本では、塩崎厚労相が


全ての入国者について、エボラ流行国の4カ国に関しての
滞在歴を確認するよう入国管理局に要請したようです。


感染が確認された場合の対策についても発表されました。
国内で感染が確認された場合は「アビガン錠」などの
未承認薬の使用を、患者の同意のうえで認める方針です。



西アフリカでは、今も感染者と死亡者が増え続けています。
病床数の不足、防護服や手袋やマスクも不足しています。



死亡率が70%とも言われているエボラ出血熱!
終息させるには、国際的な援助が必要なのは、明らかです。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-25

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24





































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 NYで23日 男性医師がエボラ発症!! [エボラ出血熱]

NYでも、とうとうエボラ患者がでた。
23日に西アフリカから帰国していた男性医師が
エボラ出血熱を発症した事が、明らかになった。

エボラ出血熱による被害

感染者:9936人
死亡者:4877人


医療従事者の感染者と死亡者

感染者:443人
死亡者:244人


西アフリカで医療活動をしていた医師
「クレイグ・スペンサー」さんが帰国後
エボラ出血熱検査で「陽性」だった事が
明らかになった。


クレイグ・スペンサーさんは、国境なき医師団として
ギニアでエボラ出血熱の治療にあたっていた。


クレイグ・スペンサーさんは、帰国後陽性のま
地下鉄に乗り自宅近くの公園をジョギングするなど、
帰国してから発症するまでの1週間は、普段通りの
生活をしていた。


NY州知事」は、「エボラという言葉の響きだけで
恐れられるが空気感染はしない」と言うような
会見をしていました。


つまり2次感染はそんなに恐れることはないと
言いたげな会見だった。


しかし、NY市民はそうは思っていないようで
とてもがっかりだ この国は先進国でもっと
しっかりしていると期待していた」とか


スペンサー医師の自宅周辺に住む住人は「何を
触るにも怖い」と2次感染を恐れている。


しかしながら、西アフリカのエボラ出血熱の状況は
先進国の大都会で暮らす人達が想像もできないほど
悲惨なことは、紛れも無い事実です。


その悲惨な人たちを、命をかけて救おうとしている
国境なき医師団や、ボランティアの人たちがいる事を
忘れてはいけません。


彼らは今戦場にいます。目に見えないエボラウイルスと
戦い、西アフリカの感染者を一人でも多く救うために
命を投げ出して戦っている彼らに感謝すべきです。


医療従事者がエボラウイルスに感染して、死亡している
数は、244人に上ります。


誰よりも早く感染するのはやはり、医療従事者です。
彼らは専門家なので、そのことは常識として認識済み
だと思います。


まだ対岸の火事だと思っている先進国があるとしたら
悲しいです。エボラ出血熱を終息させるには、もっと
もっと、支援が必要だと言われています。


現地では病床数が足りず、まだ2000近く必要だと
言っていました。


患者を収容できていないんですね。


感染した人たちが入院できるのを、待っています。
世界の先進国と言われている国々は、もっとエボラに
西アフリカの人たちに、関心を寄せるべきです。


そうでないと、エボラ患者を救うために死んでいった
244人の医療従事者が、救われないとと思います。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22












































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 日本上陸 エボラ出血熱を終息できるか!? [エボラ出血熱]

今や日本に、空港から入国する世界の人は
1日平均7万7千人に達している。


塩崎厚労相は「国内にエボラウイルスが入り込む
事を防止するため、出来る限りの対策を講じる
と言っています。


ただ具体的には、「できる限りの対策」が我々国民には
伝わってこないので、良くわからないですよね。


幸いなのは、情報はパソコンを開けば「世界保健機関(WHO)」や
「国境のない医師団」から、そこそこ正確な情報は拾えます。


またニュースや新聞からでも、エボラ出血熱に対する
予防」・「症状」・「治療法」etc.. の情報は得ることが出来る。


日本にエボラ出血熱が、上陸するのは時間の問題だと言われて
いますが、その場合の対処の仕方は、個人で考えて
行動しなければいけないかも知れませんね。


検疫を強化しても、必ずと言っていいほどエボラウイルスは
上陸してくるでしょう。


やはり、2日~21日と言う長い潜伏期間が、災いになりそうです。
検疫をすり抜けて国内で発症するというシリオは、容易に
想像がつきます。


今にわかに、富士フィルムの子会社が開発して話題を呼んでいます。
アビガン」が未承認薬ながら、有効だと世界でも言われ始めました。


日本でも24日に専門家会議を開き、エボラ出血熱が発症した場合の
アビガンの対応策を検討している最中のようです。


日本に2万人分ある「アビガン」の取り扱いをどうするか
議論していると言うことのようです。


エボラ出血熱が万が一国内で発生しても、関係者が一丸になっ
て対応すれば、必ず封じ込めることができる」と冷静な対応を求めた。


と言うのは、塩崎厚労相のお言葉のようですが、是非そうあって
欲しいと願うものです。


オバマ大統領が言ったようにが「米国の医療体制を徹底すれば
エボラ出血熱は押さえ込める」の言葉を教訓として欲しいですね。


現在の医療体制を過信しないように、人間はウイルスとの戦いに
勝利したわけではありませんので。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21-1

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-22




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 WHOエボラ終息宣言の本音!!! [エボラ出血熱]

果たしてこれがWHO(世界保健機関)の本音なのか?


┏┓ WHO終息エボラ宣言
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

今月17日にWHOは、セネガルとナイジェリアに
エボラ出血熱の終息を宣言した。


その理由として


42日間エボラウイルスによる新たな感染が
確認されなかった。


つまり、エボラ出血熱の潜伏期間の2日~21日の
最長期間21日間の倍、42日がたっても感染者が
出なかったということなんですが?


素直に良かったと、喜べないんですね!
セネガルの隣は、ギニアですよね。


ギニアは、感染者が1519人、死者が862人、これを
思えばなんだか、本当に大丈夫?と思います。



┏┓WHO(世界保健機関)は
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

これから、感染者数が2ヶ月以内に「週1万人ペースで増加」
すると行っています。


17日現在の感染者数と死亡者数は


感染者:9216人
死亡者:4555人


このタイミングでナイジェリアとセネガルに、
終息宣言」はちょっと腑に落ちない気がします。



┏┓ちなみに
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……★

BSL(バイオセーフティレベル)では
ウイルスの危険度によって4段階に分類しています。


BSL-4
エボラ出血熱・天然痘など

BSL-3
結核・鳥インフルエンザ・SARSなど

BSL-2
インフルエンザ・はしか・ノロ・コレラ・デング熱など

BSL-1
ワクチンなど人間に無害な病原体


biosafety細菌・ウイルスなどの病原体を
生物学的な危険度で分類した指標


エボラ出血熱は、BSL-4 一番危険度が高いということです。


アメリカや日本、スペインなどの国が必死で特効薬を開発して
いる途中です。


エボラ出血熱の感染して、治癒した人の血液を輸血して
回復したとか、日本の抗インフルエンザ治療薬がエボラに
効くとか、アメリカの薬品会社の特効薬が聞いたとか、いろいろ
言われていますが、どれも未承認薬で臨床実験が済んでいる
わけではありません。


セネガルとナイジェリアエボラウイルスは、そんなに簡単に
終息したのでしょうか・・・・・?


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21-1

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

日本人のエボラに対する知識と意識!エボラ出血熱 [エボラ出血熱]

終息宣言

ナイジェリアとセネガルが、エボラ出血熱の
終息を宣言をした。


これは、世界的にエボラ出血熱が終息に向かって
いると言うことではない。


今でもエボラ出血熱は、感染を拡大している。


もう日本に上陸しているのかもしれないのだ。
エボラ出血熱に対する私達日本人は、正確な知識と
それに対する覚悟と意識が大事なのだ。


WHOの発表

患者数と死者数

患者数:9216人
死者数:4555人


エボラ出血熱対策チーフ バンベリー代表の話

今エボラ出血熱を抑えこまなければ
我々は前例のない事態に直面する。


WHO エイルワード事務局長補の話

12月に1週間に5000~1万人の
新たな患者が出る可能性がある。


日本の街の声

・何か起きてから騒いでは
遅いんじゃないかなという気がします。

・日本に入ってくるのも時間の問題だと思うので
そのときにどういう病院に・・・・・

よく分からないと怖い
知識がほしいですよね。


・妊娠している時に感染したらどうしたら
どうしょう?


これは、10月21日に東京の街角で聞いた
一般の人の声です。


自分の危険は自分が守る

皆さん一様にエボラ出血熱に関する知識がありません。
エボラ出血熱の感染経路や、感染した時は
どうしたらいいかなどを、しっかりと確認しなくては
いけないのです。


・またどんな時に、感染するのか?

・感染を防ぐにはどうするか?

・感染したらどんな症状なのか?

・どこの病院に行ったらいいのか?


色々と自分でできる事を、知っておかなくてはいけません。


西アフリカで猛威を振るっているエボラ出血熱は、日本に
上陸すると思って間違いはないと思います。


恐れず慌てず、確かな情報と知ることを知り、冷静の行動
するのが一番いいと思います。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19-1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 日本上陸した時の知っておきたい基礎知識! [エボラ出血熱]

原因

エボラ出血熱の宿主は、オオコウモリとされている。

コウモリの種類

ウマヅラコウモリ
フランケオナシケンショウコウモ
コクビワフルーツコウモリ

感染はこれらの食用コウモリからだと言われている。


予防

まず手洗いを石鹸で丁寧にする必要がある。
感染は人を介して広がるので、なるべく人ごみをさけること
もちろん握手や、体に触ることもいけない。

感染者の嘔吐物や排泄物、血液、唾液、汗、涙、精液などから
感染するので、気をつけつ必要がある。


症状

潜伏期間:2日~21日

発病:初熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、腹痛など
悪化すると口腔、鼻腔、皮膚、内蔵など全身から出血し、死に至る。


治療

今のところ、これといった治療方法はない。

ワクチンや血清、未承認薬が感染者に投与されているようだが、
一進一退といったところで、確立された治療法はない状態だ。



最新の情報

10月20日のスペインの新聞では、エボラに感染していた
スペインの女性(テレサ・ロメロさん)が、日本の富士フィルム
のグループ会社がインフルエンザのために開発された医薬品
「ファビピラビル(アビガン)」を投与され、回復に向かって
いると報じている。


感染者と死者

リベリア
感染者:4262人
死亡者:2484人

シエラレオネ
感染者:3410人
死亡者:1200人

ギニア
感染者:1519人
死亡者:862人


*ナイジェリアとセネガルには「終息宣言」が出された。
終息宣言が出ると、少しは落ち着いた感がある。


しかしこれは西アフリカのことで、日本はこれから徹底した
医療体制で望んでほしい。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 9月~10月感染経過と世界の動き! [エボラ出血熱]

人類はエボラウイルスに負けるかもしれない!!!

★━…………★ 感染者と死亡者 ★…………━★

エボラ出血熱の感染者数

感染者数:9216人
死亡者数:4555人

医療従事者の感染数と死亡者数

感染者数:424人
死亡者数:239人



9月に米国に渡航したリベリア人が、10月に発症し
その治療にあっていた女性看護師が、12日に感染した事が
確認された。


その後、16日にも同じリベリア人男性を治療していた
もう一人の看護師、ビンソンさんも感染が確認された。


16日に感染が確認される前、ビンソンさんは微熱がある事を
米国疾病対策センター(CDC)に報告していたが微熱(38℃以下)
であったため、航空機に乗ることを停止されなかった。


ビンソンさんは感染してから、隔離されるまでにテキサス州と
実家のあるオハイオ州を、航空機で往復している。


★━…………★ ふたりの女性看護師の感染原因 ★…………━★


防護服や手袋などを脱ぐ際に、ウイルスに触れた可能性が
指摘されている。


一番心配なのは、国連エボラ緊急対策支援団のハンベリー代表が


我々はこれまでに経験したことのない事態に直面する」と
言っているように、エボラ出血熱は終息するどころか、


エボラは急速に拡大し、私たちはそのスピードに追いつけず
エボラに負けようとしている


これはどう解釈したらいいのだろう!? 


★━…………★ 西アフリカの医療スタッフの声 ★…………━★


またリベリアの治療スタッフは


毎日 患者が発生していて、もし私たちが治療を続けなければ
死んでしまう


★━…………★ シエラレオネでは ★…………━★


エボラウイルスに感染した疑いのある遺体が、2日間放置され、
これに怒った住民が警官と衝突したりと、住民は怒りと恐怖と
不安を抱えて毎日をすごしている。


日本も、徹底した監督と監視を怠ってはいけない。
対岸の火事は、とっくに過ぎている事を肝に銘じてほしい。
エボラはもう、上陸しているかもしれないのだ!!


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17

























エボラ出血熱 9月~10月経過と世界の動き!


★━…………★ 感染者と死亡者 ★…………━★

エボラ出血熱の感染者数

感染者数:9216人
死亡者数:4555人

医療従事者の感染数と死亡者数

感染者数:424人
死亡者数:239人



9月に米国に渡航したリベリア人が、10月に発症し
その治療にあっていた女性看護師が、12日に感染した事が
確認された。


その後、16日にも同じリベリア人男性を治療していた
もう一人の看護師、ビンソンさんも感染が確認された。


16日に感染が確認される前、ビンソンさんは微熱がある事を
米国疾病対策センター(CDC)に報告していたが微熱(38℃以下)
であったため、航空機に乗ることを停止されなかった。


ビンソンさんは感染してから、隔離されるまでにテキサス州と
実家のあるオハイオ州を、航空機で往復している。


★━…………★ ふたりの女性看護師の感染原因 ★…………━★


防護服や手袋などを脱ぐ際に、ウイルスに触れた可能性が
指摘されている。


一番心配なのは、国連エボラ緊急対策支援団のハンベリー代表が


「我々はこれまでに経験したことのない事態に直面する」と
言っているように、エボラ出血熱は終息するどころか、


「エボラは急速に拡大し、私たちはそのスピードに追いつけず
エボラに負けようとしている」


これはどう解釈したらいいのだろう!? 


★━…………★ 西アフリカの医療スタッフの声 ★…………━★


またリベリアの治療スタッフは


「毎日 患者が発生していて、もし私たちが治療を続けなければ
死んでしまう」

★━…………★ シエラレオネでは ★…………━★



エボラウイルスに感染した疑いのある遺体が、2日間放置され、
これに怒った住民が警官と衝突したりと、住民は怒りと恐怖と
不安を抱えて毎日をすごしている。


日本も、徹底した監督と監視を怠ってはいけない。
対岸の火事は、とっくに過ぎている事を肝に銘じてほしい。
エボラはもう、上陸しているかもしれないのだ!!


<エボラ出血熱 関連記事>

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17


















































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

エボラ出血熱 セネガル ナイジェリア終息宣言は本当なの!! [エボラ出血熱]

世界保健機構(WHO)の発表による
感染者と死亡者


感染者数:9216人
死者数:4555人


またWHOはセネガルのエボラ出血熱の流行は、終息したと宣言!
ナイジェリアも近く、終息宣言が出される予定だという。

その理由として、目安となる42日間感染者が出ていないことが
上げらている。


国別 感染者数と死者数

リベリア
感染者4262人
死者:2484人

シエラレオネ
感染者:3410人
死者:1200人

ギニア
感染者:1519人
死者:862人

米国
感染者:3人
死者:1人

スペイン
感染者:1人
死者:0人


セネガルやナイジェリアに終息宣言が出されたとしても
気を抜けないのには、違いはない。



ここでエボラ出血熱のおさらいです。


★━…………★ エボラ出血熱はどんな病気? ★…………━★

エボラウイルスに感染して発症し、人から人へ感染します。
感染者の血液や尿、便、吐しゃ物などに触れると感染します。

症状は、発熱、頭痛、下痢、筋肉痛の症状が出ます。
症状が悪化すれば、臓器不全や呼吸不全を起こして死に至ります。


★━…………★ 感染が拡大した理由? ★…………━★

ウイルスの感染力が強まったのではなく、人口密度が高い都市部で
流行したと言う事です。
例えば、東京や大阪と言った大都市で感染者がでた場合は、人口の
少ない都市より、感染拡大が早いと言う事です。


★━…………★欧米で二次感染が出たのはなぜ? ★…………━★

エボラ出血熱の患者の治療にあっていた医療従事者が、十分な訓練を
受けていなったり、防護服を着て治療をしていても、防護服を脱着
する際に汗を拭ったり、無意識のうちに目をこすってしまったりして
感染をしました。



日本にエボラ出血熱が上陸しても、感染の拡大はないと
専門家は言っていますが、今までの状況を見ている側としたら
にわかに、そうですかとは言えませんよね。


エボラ出血熱 関連記事

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-16

http://eboranetu-jyouhou.blog.so-net.ne.jp/2014-10-17




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。